入稿が終わった。

一昨年から描いていた
「かえるくんのおさんぽ」の入稿が終わりました。

はあ。
やっとできた。

あとは出校してきた色校を
チェックすればいいだけです。

出版出版が楽しみ〜。
5月の予定です。


さて、次は
「こいぬのくろちゃん」を描かないと。

かえるくんの絵を描きながら
クロちゃんをどう描くか散々悩んできましたが
だいたい考えはまとまっています。
ワクワクします。

頑張ろう!
スポンサーサイト

Pさんの命日

12月4日
3回目の命日がやって来ます。
もう3年…、早いなぁ…。

Pさんがいた場所には
今、クロちゃんのゲージが置いてあります。
おとなしいクロちゃんは
Pさんみたいにグオグオ言わないし
いびきもかきません。

Pさんと大違いのクロちゃんですが
私たちがPさんを失った悲しみを確実に癒してくれました。

でもやっぱり
Pさんのことは忘れられないな。
あの子はなんと言うか
犬じゃないみたいで可愛かった。
宇宙人みたいな感じ。
本当に個性的な良犬でした。

最初に家に来た時は
私のことを噛んで
手が紫色になったんだよな。
人に懐かない犬で
でも、私の言うことだけはよく聞いてくれるようになった。
それがすごく可愛かったな。

いつかクロちゃんも年を取って
Pさんと同じように私達の元を去るんだな。
覚悟の上で飼ったのだけれど
やっぱり、考えたくないなあ。

もう、3年。
いつまでも忘れないよ。
絶対忘れないよ…。

DSC_0131_1.jpg




+ Read More

おひざのクロちゃん

最近寒くなってきたので
クロちゃんがくっついてきます。
小さいときから、私の膝の上で
エプロンに包まれながら過ごすのが好きなクロちゃん。
小さい時は良かったけれど
今はもう9キロを越えています。
エプロンで包むのも大変です。

毎日忙しく仕事をしている私としては
膝の上のクロちゃんは思いっきりジャマなのですが
可愛いので、すぐに追い払うことができません。

しばらくおビザの上で甘えてから
なんとなくジャマにされているのを感じて
いつものかくれんぼクッションに戻ります。

犬って可愛いな、とホントに思います。

DSC_0321.jpg

ボローニャ展に行ってきました。

昨日、ボローニャ展に行ってきました。

我が家から板橋区立美術館へ行くには
池袋経由で電車を乗り継いで行く方法と
成増経由でバスを乗り継いで行く方法とがあります。

この美術館へは
直線距離だと13キロ程度なのに
交通機関が非常に使いにくいところにあるし、
駅から遠いので
1時間以上かかってしまいます。

で、私はどうやって行ったかというと
自転車にしました。

実は自転車で板橋区立美術館に行ったのは3度めです。
13キロは自転車だと少し遠いのですが
ゆっくり走ればなんとかなるだろうと
いつものママチャリではなく
夫が最近購入した軽い折りたたみ自転車を借りて
ゆっくりと出発しました。

でもやっぱり暑かった。
しかも、この日
何故か風邪が強くてきつかった。

途中、「おだふじ」という大泉で有名なケーキ屋さんによって
入り口で麦茶を頂き暫し休憩。
ここのシュークリームが大好きなので
一個買って途中の光が丘公園で食べることにしました。

このおだふじの前の道をひたすら走ると
光が丘公園の前に出ます。
公園の中はひんやりと涼しく
早速水筒とシュークリームで休憩。

気持ちのよい休憩でしたが
美味しいものを食べたいのは私だけではなく
この時期、公園の日陰に居るに決まっている
沢山の蚊に
気がついたら足首を数カ所噛まれていました。

でも、ここまでくればあと少し。
公園から板橋区まではあっという間です。

いつも板橋の美術館に来るのは
大抵ボローニャのときなので
炎天下の中を走ることになるのですが
この前来た時はこんなに疲れなかったのになあと
年を感じながらボローニャ展を見ました。

今回出ていた絵は
センスの良いイラストが多かった気がします。
こってりした感じのイラストは少なかったな。
サラッとしたイラストでした。
たぶん今流行の描き方なんでしょうね。

帰り道、ますますひどくなる強風にたじろぎながら、
疲れ果てて自転車を押して歩いたりしながら、
なんとか大泉の関越入口付近に到着。
疲労困憊していたので
「マックスバリュ」というスーパーに寄ってコーヒーをのみ
買い物をして帰りました。

往復で1時間30分位だったかな?
それでも久しぶりに長時間自転車に乗ったせいで
お尻が痛くなってしまいました。

今日はなんとなく疲れていて
あんまり仕事がはかどらないや。

来年はどうしよう…。
やっぱり自転車で行くのかなあ…。








クロちゃんのひなたぼっこ

クロちゃんが日向ぼっこをしています。
娘が脱ぎ捨てた着ぐるみタイプのパジャマの中に潜り込んで
足のところから顔を出し、気持ちよさそう。

くろ日向僕

よっぽど気持ち良かったみたいで
次の日には、こんなことになりました。

KYUUくろ

娘が着ているパジャマに、無理やり潜り込んだくろちゃん。
出るに出られない。

その後なんとか引きずり出しました…。


プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター