ボローニャ展に行ってきました。

昨日、ボローニャ展に行ってきました。

我が家から板橋区立美術館へ行くには
池袋経由で電車を乗り継いで行く方法と
成増経由でバスを乗り継いで行く方法とがあります。

この美術館へは
直線距離だと13キロ程度なのに
交通機関が非常に使いにくいところにあるし、
駅から遠いので
1時間以上かかってしまいます。

で、私はどうやって行ったかというと
自転車にしました。

実は自転車で板橋区立美術館に行ったのは3度めです。
13キロは自転車だと少し遠いのですが
ゆっくり走ればなんとかなるだろうと
いつものママチャリではなく
夫が最近購入した軽い折りたたみ自転車を借りて
ゆっくりと出発しました。

でもやっぱり暑かった。
しかも、この日
何故か風邪が強くてきつかった。

途中、「おだふじ」という大泉で有名なケーキ屋さんによって
入り口で麦茶を頂き暫し休憩。
ここのシュークリームが大好きなので
一個買って途中の光が丘公園で食べることにしました。

このおだふじの前の道をひたすら走ると
光が丘公園の前に出ます。
公園の中はひんやりと涼しく
早速水筒とシュークリームで休憩。

気持ちのよい休憩でしたが
美味しいものを食べたいのは私だけではなく
この時期、公園の日陰に居るに決まっている
沢山の蚊に
気がついたら足首を数カ所噛まれていました。

でも、ここまでくればあと少し。
公園から板橋区まではあっという間です。

いつも板橋の美術館に来るのは
大抵ボローニャのときなので
炎天下の中を走ることになるのですが
この前来た時はこんなに疲れなかったのになあと
年を感じながらボローニャ展を見ました。

今回出ていた絵は
センスの良いイラストが多かった気がします。
こってりした感じのイラストは少なかったな。
サラッとしたイラストでした。
たぶん今流行の描き方なんでしょうね。

帰り道、ますますひどくなる強風にたじろぎながら、
疲れ果てて自転車を押して歩いたりしながら、
なんとか大泉の関越入口付近に到着。
疲労困憊していたので
「マックスバリュ」というスーパーに寄ってコーヒーをのみ
買い物をして帰りました。

往復で1時間30分位だったかな?
それでも久しぶりに長時間自転車に乗ったせいで
お尻が痛くなってしまいました。

今日はなんとなく疲れていて
あんまり仕事がはかどらないや。

来年はどうしよう…。
やっぱり自転車で行くのかなあ…。








スポンサーサイト

クロちゃんのひなたぼっこ

クロちゃんが日向ぼっこをしています。
娘が脱ぎ捨てた着ぐるみタイプのパジャマの中に潜り込んで
足のところから顔を出し、気持ちよさそう。

くろ日向僕

よっぽど気持ち良かったみたいで
次の日には、こんなことになりました。

KYUUくろ

娘が着ているパジャマに、無理やり潜り込んだくろちゃん。
出るに出られない。

その後なんとか引きずり出しました…。


せなかカイカイ

背中を掻いて欲しいクロちゃん。

せなかかいかい

Lサイズの服 Mサイズの服

先日、吉祥寺に髪を切りに行った。

吉祥寺に行くときは東急の自転車置き場を利用する。
500円以上のお買い物をすれば
3時間無料で自転車が止められるからだ。

いつもは東急で食器やらドーナツやら
本やらを見て買ってくるのだけれど
この日は、なんとなく洋服を見ることにした。

ここで洋服を買うことはめったにない。
だけど、たまたまノーリーズというお店が冬の最終セールをやっていたので
少し覗いてみることにした。

私が大好きなリバティのシャツが売っている。
早速試着しようといつものLサイズを手にとった。
その他にも、たっぷりしたカーディガンや
タートルネックのシンプルなセーターがあって
それらをまとめて持って試着室へ。

着てみたらどう言う訳か大きすぎる。
おかしいなあ、いつもLを買っているのに
妙に手が長いし身幅も広すぎる。

お店の人に頼んでMサイズを持ってきてもらって着てみたら
Mなのになんとなく大きい。
今年はたっぷりしたデザインの服が流行だから
こんなもんなのかな?
そう思ってシャツとカーディガンはMサイズを
タートルネックのセーターは
Lサイズしか無かったので
かなり大きかったけれど
それはそれで似合っていたので買った。

家に帰ってタグを外すときに「はっ!」と気がついた。
「for gentlemen」と書いてあるではないか!!
なるほど店員の態度がなんとなく微妙な感じだった訳だ…。
普通の人は試着した時点で気がつくよね…。

でもね、似合っていたのよ。
サイズも結構ぴったりだったのよ。

バーゲンで安く気に入った服を買えたのは良かったけれど
男物のMサイズがぴったりな50歳のおばさんである自分に
ちょっとがっかりした…。

ノーリーズ




新しい絵本

来年の春頃、新しい絵本が出せそうです。

昨年の年末に
やっと新作の企画が通って、
絵の具を使って描き始めていますが
見開き1枚描き上げるのに
思いの外時間がかかっています。

自分がどんな絵を描きたいのか
いろんな良い絵を見て考えたり、
生き物や植物を見て、そのパワーを貰ったり。

少しでも良い絵がかけるように
頑張りたいと思っています。

初めての絵本を出版してから早25年。

いつもたくさんのラフを書いて
たくさんの意見をもらって
書き直して書き直して
一冊の絵本が出来上がります。

最初の絵本を作ったときは
この作業が本当に辛くて
泣きながらやっていたのを思い出します。

今でも書き直しは
決して面白いものではありませんが
自分もそれなりに成長して
自分なりの絵本の作り方がやっと少し分かってきたような
そんな気がします。

自分が本当に作りたいものを
商業出版として作れると言うのは
とても幸せなことです。
今回の絵本には
自分が好きな世界を
たっぷり注ぎ込んでいます。

今年の年末に自分が描いた絵を見て
納得出来ているのか
それとも「自分の力の無さ」にがっくり来ているのか。

楽しみでも有り、怖いような気持ちもあり。

精一杯、良いものを作れるように頑張ります。









プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター