スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のクリスマス

今年のクリスマスは「うちでクリスマス会をやる!」という
娘の提案から始まりました。

少し早めの21日に
お友達とクリスマス会をすることになりました。

じゃあ、ケーキはお母さん作ってあげる。
でも面倒臭いから、あとは
ポテトチップスとおせんべい、チョコとジュースしか出さないよ〜、
っていう感じの地味〜なクリスマス会。
すでに家にあるクリスマスの飾りも飾って。


でもやっぱり4年生と5年生の子供が集まると
自分たちで盛り上げるための工夫をするのです。

お菓子を持ってきてくれた子もいたし
ビンゴを持ってきてくれた子もいたみたい。
歌ったり、「はじめの言葉」みたいなことを言ったり
一応ちゃんとした会として盛り上がってるじゃないの!

ケーキはクリームたっぷりにしたら
柔らかすぎて切ったらぐちゃぐちゃになっちゃった。
残念…。
ごめんよ…、子どもたち…。

「味がよければ、見た目はぐちゃぐちゃでも大丈夫!」と言う
元気な子供の声にはげまされて
「そうよねえ」と食べてもらいました。

子供達は楽しかったみたいで、良かった良かった。

24日は家族だけのクリスマス。
今年は珍しく、ローストチキンを作ってみました。
実は初めて作ったローストチキン。
ネットで作り方を検索。
一番美味しそうな作り方で焼いてみました。

これが本当に美味しく出来て
「美味しい!」と自分は盛り上がりましたが…。

子供達の反応は冷ややかで
「お母さんが鳥の死体を買ってきた」
「無理、絶対無理。私食べないから」
「気持ち悪い。怖い〜。」
と言って私をがっかりさせました。

中にお米を入れて一緒に焼き上げたら
本当に美味しいピラフもできたので
それだけは息子がたくさん食べてくれたけれど
娘は私が無理やりお皿に盛った鶏肉を
鼻をつまんで嫌そうにやっと食べていました。

夫はすごく美味しいと言ってたくさん食べてくれました。
まあいいか。私と夫が楽しめたから。

初めてにしては美味しくできたローストチキン。
多分、お肉を近所のデポーで買ったから美味しかったんだわ。
デポーのお肉って美味しいのよ。
ちょっと高いけど。
また来年もデポーで買おうっと。
でも来年は丸鶏じゃなくてモモ肉にしよう。
そうしないとまた「鳥の死体」って言われるからなあ。

プレゼントはそれぞれにゲームソフトやおもちゃ、お菓子などを用意して
子供が寝てから、そっと枕元に置いておきました。

家族で楽しむクリスマス、あと、何年やるのかな。
そのうち友達とパーティやるんだって言って
帰ってこなくなるんだな、と
なんとなく思う今年のクリスマスでした。

クリスマスケーキ









スポンサーサイト

ランドセルの購入 2

我が家では
小学生の子供が2人いるので
ランドセルを2個買いました。

一人目はいろんなランドセルを見に行って
最終的に楽天市場で購入。
三輪カバンさんの作ったもので
とっても丈夫です。

長男は、このランドセルを
あまり大切には使ってくれませんでした…。
入学当時から傷を付けて来て
当たり前のように、屋外で椅子代わりにしています。
上でジャンプしているのを見たこともあります。
小学生2年にして軽く30キロを超えている我が子。
潰れないはずがない。

一番の問題はここ。
DSCN1758.jpg

このてっぺんの革が変な感じに折れて歪んでいること。
どうしてこうなったのか?
ここの部分、何故か表の革と裏の革とが分離して剥がれて
こんな感じに折れ曲がっています。

他の子のランドセルはこんな事にはなっていません。
結局うちの乱暴な息子には
何を買っても、こうなるのか…。
一体何をしたのか、聞いても「わかんない。」と言います。

でも、ひょっとしたら
ある程度強度がある物を選んだため
何とか壊れず、原型を保っているのかも知れません。
三輪カバンさんのランドセルは
他の超高級ランドセルと比べると
作りの細やかさはないけれど
基本的な頑丈さはあって
私は気に入っていました。

但し息子は、重いと文句を言っていたので
(牛革使用で1200グラム)
もっと軽いクラリーノの方が良かったかな〜とも思っていました。
でもクラリーノを買っていたら
今頃、背伏せなんか破けてるかも。


第二子であるの娘のランドセルを買うにあたり
息子のランドセルの様子を見て
「結局、ランドセルなんかこうなるんだ」と
正直、真剣に選ぶ気がなくなりました。

で、なんと私は
娘のランドセルを
ネットオークションで買いました。
たぶん、正常な販売価格の10分の1くらいだと思われます。

私が娘に選んだのは、牛革ボルサと言う
長男に買ってあげたランドセルと同じ素材のものです。
牛革ボルサはキズが付きにくいのが良い点です。
私が娘用に買った激安ランドセルを作ったメーカーは、
ここに書くと問題があるかも知れませんので書きませんが
皆さんが知っているメジャーなデパートに
ランドセルを卸している大手のランドセルメーカーです。
これをなんと送料込みで3900円で買いました。

娘に買ったランドセルのサイズは
息子の物よりも若干小さい。
背伏せの長さも2センチ短い。
でも、内寸はほぼ同じ。
そして牛革が息子の物よりも若干薄い。
(おかげで軽くなっています)
使用感については特に問題は無い様子。
フィットちゃん仕様になっています。
ただ、鍵の部分が自動ではないところがちょっと気になりました。

何せ3900円なので、
万が一問題があっても「また買えばいいや」という気持で購入しました。
ランドセルというものは
前年や前々年の商品が信じられないほど激安で売っているのです。
特に娘がランドセルを買った年は
女の子物の型落ちランドセルが余剰品として随分残っていたらしく
コードバンのランドセルがなんと7000円で売っていたりして
コードバンのにするかどうかで随分悩みました(笑)。
でもコードバンは重いので、
200グラム軽めの牛革ボルサに決定。

今現在約1年使って、全く問題無し。
型崩れもなし。
本当に普通のランドセルです。
娘は息子と違ってランドセル上でジャンプもしないし
壊れる気配、当然なし。
6年間使えそう。
娘のこの3900円のランドセル、
全然普通に使えているのですよ…。


ランドセルを買う時って
「6年間毎日使うものだから良いものを」と思いますが
よーく考えてみると、たったの6年しか使わないのです。
私なんか3万円もする革のバックを買ったら
(実は3万円超えのバックは滅多に買わない)
時々手入れをしながら10年くらい軽く使ってます。
毎日同じバックを使うわけではないけれど…。
みんな、そんなに買い換えるのかな。
布の安いバックでも結構長く使っています。

ちなみに自分が今一番気に入っているバックは
gentenで買ったショルダーです。
そろそろ10年目に突入ですが
手入れをしたらいい色にぴかぴかしてきて
まだまだ使えそう。
これ、ひょっとしたら死ぬまで使うかも。
そう考えるとランドセルって高いですよね。


そして、3年生から笛を持って行くことになるので
息子のランドセルには
笛を入れるカバー(サイドポケット)を買おうと思いました。
確か池田屋さんと言うランドセルメーカーが
良い感じのサイドポケットを作っていたのを思い出し
ネットで調べたら3150円でした。

これを娘にも買ってあげようと思い、
さらにちょっと可愛いランドセルカバーを買おうかと思ったら
これが2000円くらい。
あわせて約5000円。
娘のランドセル本体よりも高い!
何か笑っちゃう!
ちょっと、サイドポケットって高すぎない?!
買うのやめようかな。(笑)


ランドセルカバーを選ぶに当たって娘に何色が良いか?と聞いたら
「水色」と言います。
本当は水色のランドセルが欲しかったらしい。
え?そうなの?!
じゃあさ、また、ネットオークションで水色のランドセルを買ってあげようか?
クラリーノだったら5000円くらいでヤフオクで売ってるかも。
ランドセルカバーと同じくらいの値段で…。(笑)と言いながら
やっぱり「無駄だわ」とやめました。
だってランドセル2個って絶対邪魔!
どこに置いたらいいんだか。
でもたとえ、ランドセルを2個買ったとしても
合わせて1万円にもならなんです…。

第一子の時はあんなにも盛り上がったランドセル選び。
これが第2子ではここまで適当になりました。


ところで、息子のランドセルですが
背伏せのところのゆがみというか、
変な折曲がりというか
2枚に分離したようになってしまっているところ。
あまりにも格好悪いので
なんとかならないかと考えていて、思い出しました。
そうだ、確か無償修理って言うのがあった、と。

恐るおそるダメ元で販売元に問い合わせてみたら
なんと、無償で!
背伏せのところを交換して下さるそうです。(嬉!)
メーカーによっては「背伏せ分の料金を支払え」などと言うそうですが
三輪カバンさんは
一切文句を言ったりせずに
むしろ「こんな事になって申し訳ない」と低姿勢で(こっちの方が申し訳ないのに)
無料交換すると言ってくれました。
ありがたいったらないです。
さすがです。

でももう、これっきりにしないと
もう一回直せとは言えないわ…。
2度と壊すなよ!息子!!

さて、娘のランドセル3900円と
三輪カバンさんの約3万円のランドセル。

多分乱暴者の息子には
無償修理がきちんとついている三輪カバンさんが良くて、
ランドセルを丁寧に使っている娘には
3900円のランドセルで十分だったのです。

5年後、使い終わって
どう思うのか?
もし、その時まだプログを書いていたら
是非感想を載せたいと思います。


※印直していただいたランドセルが戻ってきました。
 何故か、背伏せが長くなっているような??
 でもこれが息子にとっては好都合らしく
 ランドセルと背伏せの間に
 手提げや上着を挟んで持ち帰ってきます。
 お道具箱もばっちり入れられて
 背伏せも締められるのが良いみたい。

 問題は娘のランドセルではそれが出来ないので
 それをみた娘が文句を言うことくらい。

 直していただいて、本当にありがとうございました!








締め切りと夏休み

夏休み、皆様は
どのような企画を立てていますか?

家でゆっくり寝正月ならぬ、寝夏休みなんて言うのは
私には全く夢のような話。
そんな幸せはこいつらが許すはずもなく・・・。
kodomo
ああ、写真からどうしようもない感じがあふれています…。

そんな訳でいろいろと企画を立てています。

でも、でも、もうすぐ絵本の締め切りなんだ〜!
10月初旬に新しい本が出ます。
タイトルは「うずらちゃんのたからもの」です。
定価945円(税込み)。
福音館書店からの出版です。
みんな買ってね〜!

で、話を元に戻しますが
先週は夫が子供達をキャンプに連れて行ってくれました。
(まだ夏休みではないけれど)
勿論キャンプですから
彼らは泊まってきました。
その間私は家でゆっくり仕事が出来て
本当に助かりました。
家族がいないと
こんなにゆっくり仕事が出来るんだと
つく尽く思いました。

明日で学校は終わり。
うちの子供達は学童に行きます。
でも、夏休みは遊びたくてうずうず。
ずーっと学童に行かせっぱなしは
さすがに可哀相なので
何か企画を考えないと。

とりあえず西武園のチケットを買うことにしました。
ヤフオクでプールとアトラクションのフリーパスが
一枚1200円程度で売っています。
(大人も子供も同じ料金)
安くてお得です。
豊島園よりずっと安い。
電車だと少し遠いけれど
西武線沿線なのでキッザニアに行く事を考えればずっと楽。
来月連れて行ってやろうと思います。

ああ、早く仕事を終わらせないと。
明日も頑張るぞー。





子供の交通事故

息子が交通事故を起こしました。
慌てました。

慌てふためいて事故現場に着いた私に、息子はこう言いました。
「ねえ、もう、遊びに行って良い?!」

警察が来て現場検証をしてもらい
ちょっと興味深かったけれど
もう待たされるのには飽きた、と言う感じでした。
全く子供って言う奴は!!


事の詳細はこうです。
小学校2年生の息子は「Hくんの家に遊びに行ってくる!」と家を出ました。
その約1時間後くらいでしょうか。
電話がかかってきました。
「田無警察署です。岳之君のお宅でしょうか。息子さんが交通事故で・・・。」

この言葉を聞いて頭が真っ白になりそうな私。
「で、で、怪我は!!」と聞くと
私の慌てように
お巡りさんがなんだか笑っているようです。
この時点で大したことではないんだな、と少しホッとしました。
深刻な事故でお巡りさんが笑う訳がありません。

「怪我は、外傷はなさそうなのですが
胸を強く打ったようで・・・、今息子さんに代わりましょうか?」とのこと。
息子に代わってもらい「大丈夫なの?」と聞くと
「うん大丈夫。最初は痛かったけれど、もう痛くないの。」とのこと。
現場は近所の道路なので、大急ぎで自転車で向かいました。

息子は歩道脇にあるガードレールの隙間(本来道路を渡るべきではないところ)に植えてある
白鴎のウエストよりも太いかも知れない位の大きな木の陰から
道路にいきなり飛び出したそうです。

交通事故

ここです。
悪いのはやはり、うちの子供でした。

そしてたまたま通りかかった
この近くにある老人用施設の車に腕と胸をかする程度にぶつけて
独楽のようにくるくると2回転したけれど
はじき飛ばされて上手くガードレールにつかまったのです。
さすがに少しは痛かったようですが
転んだりもせず怪我も無いようでした。

相手の運転手さんはこの辺には児童公園があって
子供がしょっちゅう飛び出すのを知っていたし、
この車にはお年寄りも乗っていたため
スピードは勿論出していなかったのです。
しかも目的地まであと10メートルくらいだったので
停まる態勢に入っていたと思われます。
更に上手に息子をよけてくれたこと等が幸いして
結局次の日ごくごく軽い打ち身になったくらいでした。

本当は運転手さんも
警察を呼ぶべきかどうか考える程度の事故だったのですが
相手は子供だし、万が一何か後であったら大変と思ってくれたらしく
警察を呼んでこういう事態になったのです。

でもこう言う場合は
絶対警察を呼んでくれた方が親としてはありがたいと思いました。

お巡りさん(公平な第三者)がいて説明をしてくれたおかげで
母性本能をむき出しにして
「うちの子に何をしたのよ!」というような
間違った態度を相手に取らずに済みました。
迷惑を掛けたのはこちらなのに、事情がわからないと
本能で間違った態度を取ってしまうのが母親というものなのです。

万が一自分が加害者側になったら
すぐに警察を呼んだほうが、お互いのために良いのだとつくづく思いました。

でももしも、これが重大な事故
つまり死亡事故や大怪我で歩けなくなるような事故になっていたとしたら
たとえ相手に非が無くても
相手を責めずにいられただろうか?とも思いました。
きっと辛くて、いろいろな理由をつけて
運転手さんを責めるんだろうな、と。

もし、自分が運転手で
いきなりこのように子供が飛び出したら
多分、はねちゃってるだろうと思われる飛び出し方をしていました。


結局、この後お友達の家に行って
1時間も待たせてしまったことを謝って
少し遊んで帰ってきた息子。

今、状況を考えてみても
無傷で済んだのが信じられないくらい
まさに不幸中の幸いの事故でした。

でもこの事故を教訓に
交通事故についてよく考えてもらおうと思います。
今後こんな事の無いように
きちんと教えていきたいと思ったのでした。

ただ、どういう訳か家に帰った後
私の右足の太ももがものすごく痛くなり
普通に足が曲げられなくなりました。
交通事故だと聞いて大急ぎで現場に行ったので
どこかで、気がつかないうちにぶつけたのかも知れません。

慌てていたんだなあ、私・・・。





子供の英語教育

子供に英語を習わせる事にしました。
いま、始めて5ヶ月目です。

英語教室に通っている時間がないので
オンライン英会話をやっています。
先生はフィリピン人で英語とフィリピン語しか話せません。
これが子供達は少し辛いらしいのです。
そりゃそうですよね・・・。

先生は時々片言の日本語を話してくれるんだけれど
基本的に英語だけでの会話は
何を言ってるんだか子供はまだ解らない。
私としては、まず「英語を聞かせる」事で
英語になれて欲しいと思っているのです。
相手が「何言ってるんだかわからない」にしても
返事をしなければならない、
意思の疎通をしなくてはならない状況をわざと作って
何とか言葉を覚えさせようと言う魂胆です。

娘はさすが第2子だけあって、適当に合わせるのが上手です。
解らないなりに適当に発音しながら
上手く単語を覚えていきます。
見ていて、これで良いと思います。
今完璧に「英語」を理解する必要はないので
すこしづつ単語を覚えていけばいい。
外国語は繰り返し繰り返し
何度もいろんな単語や言い回しを練習することで
覚えていくものですから。

が、問題は長男。
もう嫌で嫌でたまらないと言う態度を先生に取ります。
何言ってるんだかわからないので緊張してしまい
あくびの連発をしたあげくに
パソコンの画面を見ません。

やめさせた方が良いのかなあ・・・と思いつつ、ここでやめたら
英語なんか嫌いになってしまって
英語を始めたことが逆効果になるような気がして
何とか続けてきました。

だって、英語がしゃべれないと海外でとても困るのです。
私自身、若い頃に英語の勉強をきちんとしなかった事を
ものすごく後悔しています。
実は私、英語が全然しゃべれないのです。
子供達の横で先生の授業を聞いていると
時々先生がべらべらと私に何か話しかけてくるのですが
何を言っているのか、わからないこともよくあります。

でも、ものすごく適当にやっていても
意外なことに子供は言葉を覚えていくのです。
先生は私とは全然違って発音が良いので
確実に子供達も発音が良くなっていっているのを感じます。
例えば、「Train」という英語がありますが
私はこれを「トレイン」と読んでいました。
でも子供達は「チュレイン」と発音します。
小さい頃から英語のきちんとした発音を覚えることは
その後の英語教育にとっても重要なのだそうです。
早く始めるほど楽に覚えられるのだとか。

今はちょっと大変だけれど
少し話せるようになってくれば
多分楽しくなるに違いないと
頑張ってやらせています。
でも最近、長男のあまりにも酷い授業態度に
我慢強いフィリピン人の先生も嫌になって来たようです。
仕方なく、日本語がしゃべれる先生に変えることにして
受講も週一回に減らすことにしました。
そうしたら少しだけ授業態度が良くなりました。

そして、自分も見事に英語を忘れていて
全然話せないことに気がつき
少し勉強してみることにしました。
こうしてみると本当に自分は中学レベルの英語でさえも
ほとんど忘れているんだと言うことがわかります。
変な言い方ですが「本能的に覚えていること」もあるのですが
基本は見事に忘れています。

今までは、外国人との意思の疎通は
「無料翻訳ソフト」を使っていましたが
この「無料翻訳ソフト」って
めちゃくちゃな文章に訳されるんですよね。
かなりひどいです。
この翻訳された文章が相当ひどいと言う事が
英語を理解していないと、わからないのです。

せめて海外旅行に行ったときに
困らない程度の英語を習得するのが私の目標です。
本来外国語の勉強が得意ではない私にとっては
いきなり外国人と話すのは当然苦痛です。
でも子供に無理矢理やらせている以上
自分が逃げるわけには生きません。

ちなみに、私がやっているのは「etoc」というオンライン英会話です。
何故ここにしたかというと
1,日本語でのサポートがある。
2,子共向けに教えてくれる先生がいる。
3,家族3人で受講する場合、一番安価。
(3ヶ月で20000円[一ヶ月だと6666円つまり1人2222円!]、家族であれば何人受講しても良いと言うコースがあるのです)
4,とても発音の良い、教え方の上手い先生が何人か在籍している。
5,日本語での授業が出来る先生も(料金が高く、時間も選べないけれど)一応いる。
等の理由によるものです。
他にも沢山のオンライン英会話教室があるのですが
子供向けコースがあるという点と
日本語でのサポートがあるという点を重視しました。

この料金で子供達は25分授業を
一週間にそれぞれ2、3回受けられます。
(今は日本人の先生なので一回です。)
私は週1回フィリピン人の先生の授業を受けています。
私の場合、自習してから受講しないと絶対「英会話」に対応できないので
受講時間よりも、自習時間の方が勿論長くなります。
週にたったの25分なのですが
これをやることで「英語の勉強をしよう」という気分になり
本を読んだりして自主的に学ぶようになってきます。
NHKの英会話を何回やっても続かなかった私ですが
個人で対人の授業は確実に刺激になります。

正直、今はあまり楽しくないこの英会話教室。
親子でとりあえず1年続けてみます。
1年でどの位の結果が出るのでしょうか。

まあ、やらないよりは良いだろう程度で
張り切りすぎて負担にならないように続けてみようと思っています。












プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。