スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震

地震がありましたね。

我が家の揺れは大変なもので
近所の人に聞いたところ
このあたりでは
我が家ほど揺れた家は少ないようです。

うちは細長い構造になっています。
これがいけないのでしょう。
今後来ると予想される関東の大地震が怖くなりました。

私はロフトで仕事をしていました。
最初は「あ、大きい地震だなあ。これじゃロフトから下りられない・・・」と思っていたら
ぎゃ~!!ってくらいの大揺れ。
もう床にしゃがみ込んで悲鳴上げてしまいました。

本当に家が30センチくらい動いていました。
本や瓶が棚から落ちて割れて
地震後は悲惨な状態に。
本棚は元々低いので倒れませんでしたが
50センチくらい斜めになって移動していました。
いくつもある本棚を元に戻すのが面倒でした。

正直今回の揺れは
恐怖で手が震えるくらい怖かったのです。
これで震度五強。
震度七で被災した人達はどれくらい怖かったのでしょうか。

幸いなことに
我が家で壊れたのはPさんの餌入れと
備前のカップだけでした。


未だに余震がありますね。
来る度にどきっとします。

東京で起きた買い物パニックにも巻き込まれることなく
必要な食べ物は手に入っていますし、
ガソリンも空に近かったのですが
そろそろ並ばずに入れられるようになって来たので
一昨日行ってきました。
これでいつもの生活が戻ったような気持ちになりました。

でも今回の買い物パニックは
まわりの人にその状態を聞いて
便利な東京で
こんな事態になるのかとびっくりしました。

私は計画停電がとても怖かったので
ロウソクを通販で買い込んでしまいました。
家にはさえない懐中電灯しか無く、
しかも電池はどこに行っても買えませんでした。
こうなったらロウソクだ!と言うことで楽天で購入。
買えたときはホッとしました。
でも今後のことを考えて
落ち着いて買い物が出来るようになったら
災害用懐中電灯や電池を買っておこうと思います。


私は今、あまりテレビを見たくありません。
見るとあまりにも悲しく、泣きそうです・・・。
これはおそらく多くの方がそうなのではないでしょうか。

先日も、子供三人を亡くしたお父さんが二人もテレビに出ていました。
彼らは悲しそうに笑っていました。
まだ、現実が理解できない状態なのでしょうね・・・。
当たり前ですよね。
最愛の、自分の命より大切な子供が一気に三人亡くなるって
そんな恐怖、想像もできません。
私だったら発狂すると思います。
そして死にたいと思うでしょう。


この前すごく怖い夢を見ました。
娘が笑って私の方に走ってくるのですが
いきなり銃で後から撃たれて
私の腕の中で血だらけになって死んでしまうと言うものでした。

もちろん夢ですが、妙にリアルで
血だらけの娘を抱きながら
殺した相手に対する憎しみを感じたわけでもなく
又悲しく思って取り乱したのでもなく
何もかもが終わって諦めた様な
この上なく重たい気持ちになって
「早く自分も死のう」と思いました。
あくまでも夢ですが・・・。

泣きながら目が覚めたのですが
今、被災地では子供を失った多くの親たちが
死んだ方がどれだけ楽か、と思いながら
耐えて生きているのでは・・・と考えてしまいます。

でも、本当に多くの方が亡くなって
生き残った方まで死んだら・・・。
その方を好きな人たちが
どれだけ悲しむか・・・。
だから、ここは耐えて
生きて欲しいと思うのです。
ここで残った人まで死んだら悲しすぎる。
今よりももっと・・・。

何もかも無くすってどういう事なんだろう・・・。
絶対経験したくない悲しみです。
想像しようと思ってもできません。
頭が拒否します。

それが起きてしまっている現実・・・。
彼らの辛さや悲しみは決して消えないと思います。
でもどうか乗り越えて、生きて欲しいです。
頑張ってとか、負けるなとか
そんなことは簡単に言えませんが
どうか生きて下さい。

生きてればいつかきっと
悲しみの中にでも
良いことがあると思うのです。
美味しいものを食べて「ああ、美味しい」と思える日も
きっとあると思うのです。

木






スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。