スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドセルの購入

ついに来年長男が小学生です。
先日ランドセルの展示会に行きました。

まず、どんなランドセルが良いのか
全然わからないので
ネットで検索。

人気があるらしい池田屋・鞄工房山本・神田屋鞄製作所の
3カ所を見に行くことにしました。

見てみた感想は・・・。

神田屋鞄製作所は普通で
可もなく不可もない感じです。
値段も高くも安くもない。
自動ロック式。
家から比較的近いので修理の時に便利かもしれないなあ。
でも修理なんかするかしら。
前年以前の商品が格安で売っています。

鞄工房山本は、ネットで見た時は
一番造りが良いと感じていたのだけれど、別に普通。
他の工房よりも特に出来が良いわけではない。
重さが若干重い?かな。
自動ロックじゃないのが欠点。(息子は自動ロックのが欲しい)
でもこのお店で自動ロックなんか壊れちゃうから駄目ですよ、と言われました。
う~ん、どうなんだろう。
息子は背負いごごちが悪い、嫌だ!と主張します。
なのでここのランドセルは真っ先に却下されました。
実は一番の候補だった(ここで買う事に私はほぼ決めていました)のに
見てみないとわからないものです。
そして、親の考えと子供の考えは違うだと言うのを実感しました。
使うのは子供。
ある程度尊重しないといけません。

次は池田屋です。
ここの商品はデザインや造りが回った3店の中で
一番良い様に感じました。
でも、ここも自動ロックじゃないからと言って
息子は気に入りません。
これも背負いごごちが悪いと言います。
なぜか横についているフックが気に入り、
笛などを入れる袋(別売り)も気に入ったようです。
この袋は私も気に入って欲しくなりました。
他で売っているものよりもランドセルのサイズが大きく、
いろいろな工夫があって価格もそんなに高くはない。
革のサンプルやカタログをくれました。
池田屋は私の中では第1候補になりました。

3件見終わって
息子は神田屋鞄製作所が良いと言いはります。
丁度数年前のものがセール品で出ていて
牛革のランドセルが3万円もしない値段で売られていたので
「あれで良いか」と思い、戻ってお店の人に詳しく説明を聞いてみたら
「これは肩掛けの部分が古い造りで
ちょっと背負いにくいですよ、しかもサイズがちょっと小さめです
ランドセルは牛革ボルサが一番良いですよ。」
と言われ、もう少し考えることに。

手ぶらで帰るのが気に入らない息子。
でもすぐには決められないし、妹がぐずりだしたので今日は退却。

家でもう一度カタログを見てみたり、ネットで調べたりしているうちに
神田屋鞄製作所のおすすめ材質、
キズの目立たない「牛革ボルサ」が
一番良いような気がしてきました。
池田屋だと牛革ボルサがないのです。
でも、シワ加工牛革ランドセルと言うのならあります。
これも良いな。

どうせ男の子だし
あっという間に傷だらけになるかも知れない。
夫はランドセルなんか安いクラリーノで良いと言います。
池田屋のクラリーノFのシリーズは
神田屋鞄製作所のかるかるNEOよりも造りが良く値段も安い。
池田屋のクラリーノで良いかなあ。
肩ベルトの造りはすごく丁寧だし、ギボシベルトというのも捨てがたい。
ぴかいちフックというのも良いし、よく考えてある。
しかもランドセルなのに水洗いOK。これってすごい。
ここまでで第1候補は池田屋。
6年間無料保証なのでクラリーノを買って
万が一切れたら直してもらえばいいかな。
でも、肩ベルトは牛革の方がなじみやすいんだっけ。
池田屋のランドセルは、背負ったときに嫌がってたんだよな・・・。
ここがひっかかります。
やっぱり牛革の方が良いかなあ。

まだまだ悩みながら楽天市場で検索。
レビューを読むと色々と出てきて
クラリーノはやっぱり安っぽいという人もいれば
6年間大丈夫だった人もいる。
そこで、「牛革ボルサ ランドセル」でもう一度検索したら
愛知の手造りの鞄屋さんが出てきました。
三輪かばんです。
ここは最高級のゴートバンのランドセルでさえ42000円です。
サイズも普通のA4ファイルが入るらしい。
大きくて便利だと評判の池田屋ランドセルに近い大きさです。
潰れないように脇に補強もあります。
三輪かばんの総牛革ボルサは33000円くらいで売られています。
ランドセルの内側部分だけ人工の革らしい。
楽天のレビューもすごく良いです。
しかも、フィットちゃんという仕様になっていて
息子が気にしていた「肩に当たる」のを防げそうです。
勿論自動ロック。三輪かばんに確認したら
この自動ロックもフィットちゃんも壊れたことはないとのことでした。
重さもだいたい1200グラムくらいで牛革にしてはさほど重くないのです。
革サンプルも速攻で送ってくれました。
しかもここの牛革ボルサは、他のメーカーからもらったサンプルよりも明らかに厚いのです。
問題は実際に見ることが出来ない事です。
東京での販売店は教えてもらえませんでした。
工場直売のお値段と
卸を通した価格は当然違うからと言う理由があるようです。

そして、もう一つ革のランドセルが安い所を発見。
松山カバンです。
ここは、今年東急のランドセルを作っているので
実際に見ることが出来ます。
ただ値段が違うので工場直売の商品とは仕様も違うとのこと。
でも、まあ似た様な感じなんだろうなあと思います。
東急で売られているので、
工場直売よりも高くなってるって事なんだろうと勝手に理解しました。
このメーカーは全国カバン技術創作コンクールで入賞しているそうです。
期待が持てます。
牛革艶消しが、普通のA4クリアファイルが入るサイズで34000円でした。
ただ、牛革ボルサがありません。
頼んだら革サンプルを送ってくれましたが、キズが付きやすそう。

東急に行って松山カバンのランドセルを背負わせてもらいました。
背負い心地はばっちり。自動ロック。
造りも良い。
ただし、普通の艶消し牛革なので展示品の状態ですでに傷がついています。
やっぱり牛革ボルサの方が良いなあ。


今までもらった牛革サンプル全てを思いきりひっかいてみて
やっぱり一番キズが目だたないのは牛革ボルサの様な気がします。
池田屋のシワ加工牛革ランドセルは
傷もつきにくいし、その他の仕様も含めると完璧だけれど
三輪かばんとの価格差が2万円もあることを考えると、ちょっと高い。
神田屋鞄製作所も牛革ボルサがあるけれど
やっぱり池田屋に近いお値段。
どうせ、うちの子は傷だらけにするだろうと思って
一番安い三輪カバンに決定しました。

見ないで買うのはすごく不安でした。
購入価格は、ポイントがつくときに楽天で買ったので
それを考えると27000円くらいで買えました。
牛革のわりには安い。
工場から直に買うよりも楽天市場で買う方が何故か安いのです。
(三輪鞄ではなく、『手造り ランドセル/厚牛革 ボルサ』と言う商品名で出ています。)


来たのがこちら。

ランドセル

ランドセル2


安いわりには案外良いんじゃないかな。
ただ肩掛けの部分がちょっと雑かな?
でも、池田屋のクラリーノFよりも安いことを考えると
やっぱりこっちの方が良かったと思います。
そして気に入ったのは小さな所ですが反射鏡の鋲の部分です。
この反射鏡の鋲、他のメーカーさんは
妙にキラキラとカラフルな色の入った物を使っていて
正直安っぽいのです。
これはグレーで落ち着いているので
そんなに安っぽくはありません。
しかも写真で見てわかるように前にもついています。

今回の購入を決める際基準にしたのは
・傷がついても目立たない。
・なじみやすく丈夫な牛革の方が良い。
・肩にフィットする造り。
・自動ロック。
・中にいっぱい荷物が入る大きいサイズ。
・出来れば4万円以下で安い方が良い。
この6つでした。

子供は大喜びです。

色々見て思ったのは、多分きちんとしたメーカーが作ったものだったら
3万円位のものを買っておけば
6年間きちんと使えるだろうなということでした。
少し前のクラリーノのものなら1万円台でも
全然使えるような気もします。
前年以前のものは半額以下で売っていたりします。

そして、ランドセルって流行があるんだと気がつきました。
サイズとか、仕様とか、勿論色も。

面倒くさい様で、案外楽しいランドセル選びでした。
使ってみた感想は、来年にでも。










スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。