スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の買い方

最近よく、楽天DVDを利用する。

楽天DVDのメールマガジンを受け取ると
時々無料レンタルチケットがもらえるのだ。

この無料チケット、なんと先日送られてきたものは
5枚のDVDを無料で貸してくれるというものだった。
5枚も一週間で見ることは出来ないので、4枚使った。
送料は300円かかるけれど、とてもありがたい。

そして考える。
この楽天DVD、一体どうやって利益を出しているのだろうか???

元々楽天DVDのレンタル料金は極めて安い。
1枚50円とか39円とか。
キャンペーンで10円くらいだったりもする。
送料は4枚で300円取られるけれど、
楽天への返送料だけで140円もかかるようだ。
切手が貼ってあって、これは勿論楽天側が張ってくれている。
最初に送ってくるのはメール便なので80円だとしても利益はほとんど出ないのでは・・・?
発送する人の人件費や、元々のDVD購入代金
DVDが破損したり紛失したときの費用など考えると
どうして利益が出るのだろうか?と不思議でならない。

そしてまた不思議なのが楽天ブックスだ。
普通、出版社から小売店へは
私達が買う金額に75%かけた金額で卸されるはずだと思っていたのだが
楽天では「全品送料無料」「ポイント10倍」などよくやっている。
2000円の本を無料で送って
更にポイント10倍にしたら
利益はでるの?と思うのだけれど・・・。
たまにメール便ではなく宅急便で送られてくる物もある。
しかも段ボールに入ってしっかり梱包してある。
昔小さなカード会社で原価計算をしていたことがある私としては
この箱は、原価いくらで・・・などとつい思ってしまう。
どう考えても赤字のような気がする。

私は楽天ブックスでポイント10倍以上の時に本をまとめ買いする事が多い。
1万円買えば1000円以上得になるのだから
本を沢山買うものにとってすごくありがたいシステムだ。

書店では余程急ぎで欲しい本や
サイン本、洋書くらいしか買わない。
特に厚みのある本は買わない。
重いからだ。
立ち読み専門。
我ながら嫌な客だ。

子供が小さくて本屋さんに行けなかった頃は
読みたい本を図書館でネット予約してからまとめて借りて、
その中から欲しい本をやっぱりネットで買っていた。
今も図書館で借りてから本を買う事が多い。
絵本は基本的に子供のために買う事が多いのが普通なので
(私は仕事柄そうでもないけれど)
図書館で借りて子供に見せてから買う方法は
本当に子供が喜ぶ絵本を買うために、とても有効な手段だと思う。
子供に絵本を次々と見せると
いわゆる『良い絵本』として推奨されていないものや
そんなに売れていないものの中から
大受けするものが見つかったりするのだ。
そして意外と「名作」に無反応だったりする。

子供にはそれぞれ個性がある。
うちの場合、上の息子は私が好きな絵本を、全くと言って良い程好まない。
『私が好きで買った本』の受け率は、なんと10パーセントくらいなのだ。
全くがっくり来る。
絵が綺麗とか,良いお話しだ、とかそんな事はどうでも良いようだ。
構成がどうとか、思想やテーマがどうとか、そんなものは全く関係ない。
笑えるかどうか。面白いかどうか。
だから、大笑いできるお話は大好き。
又は、自分の短い人生の中で同じ経験をしている主人公が出てきているような
『同調できる』内容の物かどうかもポイントだ。
これが息子の絵本選びの基本だ。
そんなわけで失敗ばかりしている「おさるのジョージ」シリーズが大好きだ。
あとは科学や自然について説明してある
理科系の写真絵本が好きだったりもする。
こう言うものも息子にとっては面白いらしい。

それに引き替え、下の娘は
私が選んだ絵本を膝の上で大人しく聞くのが好きだ。
このページ綺麗ねえ、と私が言えば
次に読んだときに『このページ綺麗ねえ』と自分で言う。
こうやって親とのやりとりを楽しんで絵本を読むタイプだ。
息子は、妹が本を読んでもらってる横で
そのお話が気に入らないと
『こんなの全然面白くない』などとぶつぶつ言いながら
自分が読んで欲しい本を持って順番を待っている。
妹に読んでいるのが『世界の名作』であっても、そんなのは関係ない。
世界の名作だろうがなんだろうが
つまらない物はつまらないらしい。

兄妹で全く違うタイプ。
でも共通しているのは『ハプニング』が起きる絵本と
『お化け』が出てくる絵本が好きだという点。
お化け絵本は是非私も作りたい。

絵本は図書館で借りていろんな本を読んでやって
子供が喜んで何度も読んでとせがむ物を
必要であれば買えばいいと思う。

本は賢く買わないと
家の中が本だらけになってしまう。
賢く買ってるつもりでも
今私の回りにはざっと何十冊も本が積んであるのだけれど。

・・・だけど、みんながそうすると私は儲からないな・・・。(笑)

私みたいな人って、結構多いんじゃないのかな。
だから本屋さんが潰れて減っちゃったんだろうな。

本屋さんで立ち読みするのは大好きなのだけれど
お客が買いたくなるような工夫をもっとしていかないと
どんどん潰れちゃうんだろな、と正直思う。









スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。