スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎と黒子

今日、国立劇場で歌舞伎を見ました。

今回初めて観劇に双眼鏡を持って行きました。
私は近視です。
勿論コンタクトを使っていますが
役者さんの衣裳や表情の細部が
よく見えないと思うこともしばしば。

いつも、安い席ばかりに座っているので
見えにくいと言うのもあります。
大抵は全体の空間や色なんかを楽しんでいます。

一度だけ正面2列目の席で見たことがありますが
その時、役者さんがとても真剣に演じているのがわかって
それまで、何となく舞台の空間を楽しんでいただけの私に
衝撃を与えたことがありました。

そして、今回双眼鏡で舞台を見てみて思いました。
これがあるのと無いのとでは大違いです。
こんなに細部が面白いとは思わなかった。

もちろん役者さんの細かい表情も面白かったけれど
私が双眼鏡を使って見て
一番盛り上がったのが実は「黒子」。
こんなに黒子が必死で「黒子」をやっているとは
今まで全然気がつきませんでした。
黒子さんの顔は真剣そのもの!
衣裳替えのタイミングを待っているときの顔は
目を見開いて、すごい気合いが入っています。
役者さんのタイミングを真剣にはかっているのです。
でも舞台空間で黒子が目だってはいけないので
なんだか、妙にコソコソしていて
その様子が可笑しくってたまらなかったです。
衣裳を正面から綺麗に見せるために後ろから押さえていたり
小道具を役者さんに持たせたりする黒子さん。
衣裳がちょっとバランス悪くなっているのを見つけた時の、黒子さんの慌てた顔!!
もう、むちゃくちゃ慌ててるんですよ。
その時の動き!!
ああ、面白かった。

今日は本当は着物を着ていこうと思ったのに
午後から暴風雨になると言うことだったし、
朝、娘が微熱を出して慌てていたため
諦めて洋服で出かけました。
でも、こう言うとき、我が家は夫も私も自宅で自営業なので
夫に「子供はお願い」と言って出かけられるので便利です。

帰り、雨は大したことはなかったけれど
風がひどくて、南から吹いたと思えば今度は東から、
あれ、今度は西?!と言う具合にくるくる回って吹くような風で
お気に入りの傘が壊れそうですごく嫌でした。

子供の具合が悪いと、どうしても急いで帰ってこなければなりません。
バタバタとした一日でしたが
それでも、久し振りの観劇は楽しかったです。






スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。