スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pさんの後釜

Pさんがこの世を去ってそろそろ3ヶ月。
未だPさんが恋しい私たち家族。

道ばたでボストンテリアが散歩をしているのを見つけては
目頭を熱くし、
犬が特集されているテレビを見れば
又涙が出る。

そんな折、YouTubeでボストンテリアの動画を発見しました。
可愛い…。
なんだかボストンテリアって、他の犬種と動き方が違って
独特なんですよね。
そこがたまらない。
いろんなボストンテリアの動画を楽しみながら
又Pさんを思い出して涙。

Pさんは、生まれ変わってくるんだろうか?
もし生まれ変わってくるとしたら
12月4日に死んだから12月5日生まれなのかな。
探してみたら
12月5日生まれのボストンテリアは見つかりませんでした。

でもさ、すぐには生まれ変わらないかも。
やっぱりPさんの生まれ変わりだったら
Pさんに似てるだろうから
似た顔の子を探せば良いよね。
でもでも、売っている子はみんな赤ちゃんだから
今後どんな顔になるか、わかんないよね…。

成犬を売っている所があれば良いのになあ。
でも無いんです。
あ、そうだ、里親募集っていうのがあるんじゃないの?

こんな感じで
ボストンテリアの里親募集サイトにたどり着きました。

そこにいたのは
Pさんにちょっと似ている4歳の女の子。
年齢的に全然生まれ変わりじゃないけど…。
何となくこの出会いに運命を感じてしまいました。

訳あって、飼い主さんが飼えなくなったらしい。
可哀相に4年間もお散歩に行ってもらえていないとのこと。

ああ、この子欲しいな。
隣にいた娘に「ねえ、この子、引き取ったらどうだろう」と相談。
娘は目を輝かして「うん、良いよ、そうしようよ!」
夫にも相談。夫も乗り気。
息子は漫画に夢中でこの件には興味無し。

運良く掲載日の夜に見つけたので
ひょっとしたらまだ間に合うかも、と大慌てで必要事項を記入して
申し込みをしました。

次の日、朝起きた娘は
「夜、Pさんが家に送り返されて来た夢を見たよ。
昨日の子は、もらえる事になったの?」と聞きます。

「ううん、まだだよ。もらえるかどうか、まだわからないよ。」
このあと娘は何度も「あの子はいつ来るの?」と聞きます。
その度に「まだわからない」「もらえないかもしれないよ」と説明。

娘はもうすぐ誕生日。
小さなひよこのぬいぐるみが欲しいと言うので
誕生日の頃に一緒に買い物に行く予定でいます。
でも、こう言うのです。
「ぬいぐるみは、いらない。あの子、誕生日にもらえないかな」
「タダじゃなくてお金払ったら、譲ってもらえないのかな」
「あの子が家に来たら、私の犬にして。」
こんな感じで、もうしつこいのなんのって
何回この話をするのかって言う位
里子犬の話をする娘。

Pが死んだ日
一番泣かなかったのが、実は娘でした。
あんなにいつも一緒に遊んでいたのに、
子供って案外冷たいんだなって思ったのだけれど
実はそうではなかったのです。
このあと、なんと7歳にして
毎晩おねしょをするようになってしまったのです。
Pの死が、とてもショックだったのだと思います。
約一ヶ月間、おねしょは続き
冬休みが終わって、やっと収まりました。
娘は、悲しみの感情を
表に出さない性格なのです。

小さかった頃「将来の夢は?」と聞くと
「犬になりたい」と答えた程、犬が好きな娘。

どうしても犬が欲しいようです。

そして、なんと夫も犬が欲しいようです。
「あの話はどうなったの?」
「あの犬、もらえるの?」
「まだ連絡無いの?」
「こっちからもう一回聞いてみたら?」等と、
何回も何回も言います。

数日経って全く連絡無し。
サイトをもう一度見てみたら
もう里親が決まったようでした。

きっとPさんはまだ
他の犬を飼って欲しくないんだよ。
だから今回はこの話がうまく行かなかったんだよ、と
2人に話ました。
2人ともしょんぼり。

Pさんの後釜探しは難しい。
私もまだ、小さな赤ちゃん犬を家に迎える程
精神的に余裕が無いし
里子犬もやっぱりまだ早いかも。
余裕が無いと犬の精神的なフォローはできないから…。

里子犬って飼うの、大変なんだよね。
Pさんも最初は大変だった。
一日2時間散歩に行ったりしてた。
でも、すぐに私と仲良くなったんだよね…。

ああ、Pさんに会いたいな。
でももう、写真やビデオの中でしか合えないんだね…。

私、本当にPさんが大好きだったんだ。

はな

















スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。