スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩でキャンプ

今年のゴールデンウイークは
家族でキャンプに行きました。
ここ数年、やっと子供たちが大きくなって
キャンプが出来るようになったのです。
ゴールデンウイーク中とはいえ
上手く日にちを選んだので
渋滞もほとんどなく
快適でした。

キャンプを始めたばかりの頃は
15年前に買った
山用の軽量テントと
海用のサンシェードを併用してキャンプをしていました。
でも、サンシェードは所詮サンシェードなので
通気性がありません。

だから、閉め切ると息苦しくなるし
雨が降れば当然中まで濡れるはずです。
「今回はきっと雨は降らない」と言う時のみ
タープを上にかぶせて、閉め切らずに使っていました。

さらに我が家の山用テントは2.3人用の小さなもので
家族でのキャンプには向きませんし
ゴアテックスで出来ているとは言え
高山での使用を前提に作られているため(雪山でも使えるタイプ)
夏のキャンプには暑くて
酷く寝苦しいのです。

それでも、「家族でキャンプ」なんて言うのは
子どもが小学校のうちくらいだし
まあ、これでいいか、と我慢していました。
が、やっぱり回りの人たちが
「ささっとスマートに」キャンプをしているのを見て
何となく羨ましくなり
テントの定番「コールマン」を買うに至ったと言う訳です。

コールマンのテントは色々と欠点もありますが
庶民的な値段で、ちょっと頑張れば買えますし
犬まで連れてキャンプに行く我が家にとっては
やっぱり便利です。
今回使ってみて本当にそう思いました。

今回はキャンプを楽しんだだけではなく
笠取山にも登ってきました。
ここはゴールデンウイークでも比較的混まずに登れる山で
小学校3年と4年の我が子には若干きついかな?と思ったのですが
2人とも(泣きながら)なんとか登ってこられました。

息子はだらだらした山道が嫌いで
「疲れた、もう嫌だ!」とぐずりながらも、
山頂直下の急登で張り切るタイプ。

娘は穏やかな坂道は全く大丈夫なのに
高度感のある急登は怖くてたまらず、
「もう帰ろうよ〜。」と泣きじゃくるタイプ。

でもどちらも約6時間のコースを
なんとか登って降りてこられました。

これが最後の急登。
DSCF0283.jpg
中腹にいるのが息子です。
ここまで、私の後ろで
ぶーぶー文句を言いながらあるいていたくせに
この急登を見て
それまでの数倍速で歩き出しました。
とてもついていけません。
子どもってわからない。

最近家族に加わった子犬のキュウキュウ(QQ)は
登山中もずっと「だっこ」だったのだけれど
やっぱり「だっこ」での登山も疲れるらしく
情けない様子でした。
そこで少し歩かせると
やっぱり子犬なので、これまたすぐに疲れてしまいます。
QQは情け無い顔をして
だっこをせがむのが得意なので
疲れて歩くのが嫌になると
すぐに震えて「キュウ〜」と鳴きます。


この写真はキャンプでくつろいでいるQQ。
何故かいつも、情けない感じがします。
この哀れな様子が可哀相なので
いつも気持ちのよいお布団の中とか
座布団に、ちゃっかりと上がり込むことを許されています。
「ダメ!」と言うと今にも泣き出しそうな悲しそうな顔をして
「キュゥ〜」と鳴くので
結局は許してもらえるのです。

くろなさけない



今回私にとっても
久しぶりの6時間登山でしたが
なんとか歩けました。
私は雨女なので
お天気がとても良かった今年のゴールデンウイークでさえも
雲を呼んでしまい
頂上では全く展望がなく
雲が下からどんどん上がって来て
不気味な感じでした。
ちょっと残念。

でもやっぱり登山は楽しいです。
曇りの日には曇りの日の楽しみがあります。

また行きたいな。
次は晴れると良いな。

ただ、私と息子は
キャンプ中に変な虫に刺されたらしく
息子は足がパンパンに腫れ
私は首に発疹が出来てしまいました。

5月でも虫除けは必要なんだなあと
用意しなかったことを後悔。

でも、楽しいキャンプでした。

今年は何度か機会を作って
キャンプに行きたいと張り切っています。










スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。