スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロちゃん

クロちゃんは、そろそろ生後10ヶ月になります。

クロちゃんが我が家に来て約8ヶ月。
この子の性格が
大分わかってきました。

そして、我が家にも大分馴染んできました。

Pさんは本当にアクが強い個性的な犬でしたが
クロちゃんは情けなくて弱虫で
成犬に近くなった今も「キュウン」と鳴いて
私たちに助けを求めてきます。
気が弱すぎて、散歩中に
ウンコやオシッコをすることができません。

犬や人間が大好きで
なんとか遊んでもらおうと
愛想をふりまいていますが
結構な確率で相手にされていません。
大抵、馬鹿にされて無視されます。
かまってもらえて嬉しいと
ウレションをしてしまうこともあります。

Pさんは愛想がなくて、いつも威張って
他の犬に喧嘩を売っていたのを思い出します。
その為、散歩には体力が必要でした。

今でも私はPさんが忘れられなくて
時々ビデオや写真を見ます。
クロちゃんと比べてみると
その存在感がいかに大きかったかよくわかります。
写真だけでも存在感があるのです。

クロちゃんはどういう訳か
音も立てずに私の足元に立っていることが多く
しょっちゅう踏まれそうになったり
蹴飛ばされたりするのですが
Pさんは踏まれるなんてことは絶対にありませんでした。

Pさんはどこにいても「居る」って感じの犬でした。
それに引き換え、クロちゃんは存在感がありません。
Pさんよりも1.5キロも体が大きいのに。

そして、クロちゃんは、このクッションが大好き。
このクッションはかくれんぼクッションという商品名なのですが
完全にクロの存在感を消してしまいます。
臆病で、いつも隠れていたいクロちゃんには
なくてはならないクッションです。

クッション


Pさんはルックスに恵まれていて
どこに行っても「いい犬だ」と褒められたのですが
クロちゃんは皮膚が弱くて
どうやら「膿皮症」という
面倒な皮膚疾患になってしまっているようです。
その為、背中の毛が薄くなっていて
みすぼらしく
可哀想に他人にはあまり撫でてもらえません。
移らない病気なのですが…。

ふけくろ

こんな風にフケだらけです。

もう、何ヶ月も医者に通っていますが
ちっともよくならず、困っています。
膿皮症にも色々とあって、真菌性の物ならば
簡単に薬で治るらしいのですが
そうではないらしい。
アレルギーの可能性も少ないらしく
どうしたら治るものやら…。
皮膚に良いお薬を飲んだり、体質改善をしているのですが
この病気とは長いおつきあいになりそうです。

でも、なんだかその様子が不憫で
飼い主としては
一層愛おしい感じがするのも事実です。

気が弱いので
その様子がおかしくて
時々からかわれます。
例えばこんなお面を見せると
omenn

びびり
完全にビビりまくっています。

他にも、掃除機や壺など
様々な物を怖がります。
そして、それらが登場するたびに
忍者のように身をかがめ
室内をすごいスピードで音を立てず走って逃げるのです。

たとえPさんとは全然違っていても
情けなくて気が弱く、毛が抜けて汚らしくて
存在感がなくても
やっぱり、一緒にいると
飼い犬はどんどん可愛くなっていきます。

我が家のかわいい、クロちゃんです。










スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。