スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せだと思う時

自分は幸せかどうか?
50歳近くになって、
そんなことを考えることが時々あります。

例えば、
家を隣の敷地に建てていますが
やっと完成間近になってきました。
ほぼ完成した家に入り込んで
部屋の明かりをつけて
子供達と一緒に家の中を見て回りました。
子供達は大喜びでリビングの中を転げ回っています。
はしゃいで笑う子供達の声を聞きながら
私は、幸せを感じました。
頑張って家を建てて良かった、と思いました。

ですが、毎日楽しいことばかりではありません。
嫌なこと、失敗したこと
疲れて体調が悪い、
そんなことは、しょっ中あります。
たまの外食で奮発したら
まずい上に下痢したり、
つまらない人間関係のトラブル、
子供が酷い点数のテストを持って帰ってきたり
頑張ってダイエットしてもすぐにリバウンドしたり
絵本のアイデアが出なくて落ち込んだり
一生懸命書いたラフがボツになったり。
もう、ガックリです。

絵がうまく描けなくて頭を抱えたりもします。
そんな時、とてもとても、辛い気持ちになります。
大好きな絵が思う様に描けない。
一生懸命やっても上手くいかないっていうのは辛いことです。
こんな時、自分は本当に才能のない
不幸な人間だと感じます。

楽しいことと嫌なことの数を比べたら
楽しいことの方が少ないかもしれません。

でも、最近
自分が普通に生活をしている瞬間に
幸せを感じることも多くなりました。

例えば、スーパーで買い物をしている時です。
少し前に、とても安く生活必需品が手に入るスーパーを見つけました。
ちょっと遠いのだけれど
時々運動がてらママチャリで出かけていきます。

そこで、安くて美味しい食べ物や
生活雑貨を買って帰ります。

安いスーパーなので休日はお客でいっぱいです。
長い列に並んで、レジの順番を待ちます。

普通だったら「早く順番こないかな」と
うんざりしながら待つのでしょうが
私はこの時、たまらなく幸せを感じるのです。

カゴの中には、
たくさんの美味しそうなものの中から
自分が食べたい、
家族が喜びそうだ、と思って
選んだものが入っています。

たくさんの食べ物の中から
自分の好きなものを選んで買うことができる幸せ。

自分でお金を稼ぐことができて
必要なものを買うことができて
家族を養うことができる幸せ。

それをこの時に感じるのです。

他の様々な問題を忘れて
幸せを感じます。

こんなことは、この年になるまで
感じませんでした。

大学の時だったかな。
一人の友人がこんなことを言いました。
「今日は天気が良くて、
 気持ちいいなって思うだけで幸せな気持ちになる。」と。
私はその時
「そんなことで、どうして幸せになれるの?」と
不思議に思ったのです。

だって、たくさんの夢や希望を両手に抱えきれないほど持っていて
それの一つも叶えていないような状態で
なぜ「天気が良くて幸せだ」なんて思えるのでしょうか?

でも、今はなんとなく
その気持ちがわかる様ながします。

余裕がなければ自分は幸せかどうか、なんてことを
考えられない。
自分をかえりみてそう思います。
ただ一生懸命、ひたすら前を向いて進むしかないのですから。

自分は幸せなんだろうか、なんてことを
ちょっとでも考えていること自体が
呑気で幸せなことなんだろうなと思う
年の瀬です。













スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。