スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡上紬?の返品と三代目清次

先日、郡上紬みたいな着物を購入しました。
郡上紬は数年前から、いつか手に入れたい紬の一つでした。
欲しくなったきっかけは
白洲正子さんの本を読んだから。
丁度その頃、新宿のデパートに郡上紬が置いてあって
それを見てますます欲しくなりました。

私が見たのは白とグレーの横段の暈かしで
わあ、なんて綺麗なんだろうかと
ちょっと感動したのを覚えています。
確か63万円でした。
勿論買えないので見ただけで帰りました。

着物というのはリサイクルになると
証紙がついていないものを探せば
10分の1の値段で買えたりします。
ものによっては100分の1です。

その後、リサイクルで似たようなものがないか探してみました。
ところが、リサイクルで探すと郡上紬は本当に無いのです。
銀座にあるアンティークモールに行ったとき
何点か置いてあったので見せていただきました。

一番安いのが14万で「郡上紬だという証拠の残布や証紙がないから」
と言うことで14万円だったのですが
結構高いんだな、と言うのが正直な感想でした。
どうやら郡上紬は一部の紬ファンに人気があるらしいのです。
あまり知識がなかったので「これ本当に郡上かなあ?」と思い
さらに色柄もどうもピンと来なかったので、買おうとは思いませんでした。
手に取ったときの感動がないというか・・・。
新宿のデパートで見た郡上紬のような、あの感じがないのです。

郡上紬の証拠の残布が付いているものは
20万円以上していました。
でもこちらも何となく色柄が気に入りません。
探しても普通の格子柄が多く、絶対手に入れたいという気持になりません。
結局着物って「○○紬が欲しい」なんて言っても
自分好みの柄や色じゃないと買わないものですよね。
当たり前だけれど。

どうやら郡上紬は安くは買えない、と言うことがわかりました。
これは前の「100亀甲有色多色淡い色の結城紬」と同じ難関でした。
いや、商品が少ないと言うかほとんどの店で置いていないので、むしろもっと難しいかも。
私が欲しいのは格子柄が強く出ているのではなく
格子であっても、郡上独特のあの暈かしが綺麗に入っているものです。
シンプルな一色か二色の出来れば横段の方が良いのです。

最初に見た郡上紬のイメージが強かったのが災いして
とにかく気に入ったものは見つかりませんでした。
あっても高い。
高いものは貧乏性の私には買えません。
63万の着物を私が買うなんて
考えられません。

でもネットで郡上紬情報を集めながら
やっぱり綺麗な紬よねえ、とため息をつきつつ
今は諦めて、いつか生活に余裕が出来たら
新品のものを買おうかな、いや無理かな・・・と思っていた矢先
よく利用する楽天市場の中の大きな着物やさんで
中古の郡上紬が出ているではありませんか!

ここは返品可のネットショップです。
前回の結城紬も結婚10周年の大島紬もここで買いました。
良いものをそろえている信頼できるネットショップだと思っていました。

しかもサイズが自分のサイズとほぼ同じ。
裄だけ直せば着られるという、滅多にないラッキーなサイズの着物です。
「証紙がついていないので格安です」とのことで
実際今まで見たどの郡上紬よりも安く売られていました。

そして私が欲しかった一色の横段模様。
色は茶色。持っていない色です。
うーん、良いぞこれ。

これを見て、悩んで悩んでではなく
結構すぐに買ってしまいました。
だってこんなに安かったら絶対すぐに売れちゃうもの。

このお店はとにかく商品説明が丁寧です。
裂の拡大写真を見て
多分真綿糸を使っているんだな、と思いました。
真綿紬で色も気に入ったもので
もし郡上じゃなくてもこの値段ならお買い得だわ!
と言うことでちょっと慌てて購入。

届いてみると
画像よりも若干色が濃く
あれ?と言う印象を受けました。
なんだかイメージが違う。
いわゆるどぼんこ染と言われる染め方をしているのかな?
と思うような横段が経糸に見られます。
これにまた同色で段々に染められた緯糸が
規則的ではないリズムのある模様になっています。
糸の質はとても良く全体のイメージは気に入ったのですが・・・。

なんだかネップが多いんです。
これについてはちょっと多すぎるような気がして
作為的に入れているんじゃないかと思うほどです。
買う前にいろんな着物やさんのホームページに出ている郡上紬を見ました。
やっぱりネップが出ていましたが、こんなに多くはありませんでした。
これを見てひょっとしたら
本当の郡上じゃないのかな?と疑念がわき起こりました。
でも、色や質感は良いのです。
ひょっとしたら初心者が練習して織ったものかなあ?

この色は多分草木染めだろうな、と思われる深い茶色。
すごく綺麗です。

結城に比べると艶があります。
触った感じは柔らかで結城とは違っています。
結城の「紙のような質感」ではなく
何度も洗って柔らかくなった布のようなほっこり感があります。

織り目は結城に比べると詰まっていません。
これは高機と地機の違いなのかな?

ぱっと見、無地に見えなくもない微妙な暈かしで、しかも濃色なので
いろんな帯が合いそうです。
手持ちの栗山紅型の染め帯も
帯屋捨松の真綿の帯もよく合います。

が、気になるのがあまりにも多すぎる糸の飛び出し。
よく見ると紡いだ糸の太いもの、つまり節が出てしまっているのではないのです。
糸が小さいループの様になっていて
あっちこっちに飛び出しています。

これって何???
10センチ×10センチ位の所にそれこそ20箇所以上飛び出しています。
かと思うと無い部分もあります。
飛び出しが多いところの印象はまるでひげ紬です。

この部分がどうしても気になってしまいました。

調べてみると、このループ状の糸は
織る際に経糸がゆるむと飛び出してしまって出来るようです。
本当は織るときに調節しながらこの飛び出しがないように織るはずなのです。
作為的に入れるのでなければ、ですが・・・。

郡上紬は高価な紬です。
高価な紬を「糸が飛び出ちゃったよ」というような織り方をするものなのか???
ただ使ってある絹の質は上等なのがわかります。
色も気に入っています。
悩んで悩んで一晩悩みました。

でも結局、このループ状の糸の飛び出しが気になって
返品することに決めました。

最後に梱包した時「さよなら~」という気持でたとう紙の紐を結び
メールで先方に返品する旨を連絡。
でも1日待っても連絡をくれません。
返すならさっと返してしまいたかったので
返品する旨をかなり下手に出ながら電話で伝えて、宅急便で発送しました。

今までネットで何度も買い物をしてきました。
返品はそんなに多くはありません。
今回は「郡上紬にしてはかなり安いけれど私にとっては大きな買い物」だったので
返品手続きにちょっとどきどきしました。

でも一応受けてもらえ、ほっとしました。

その後、やっぱり郡上紬は買えないのかなあ?と思いつつ
色の綺麗な真綿紬って良いなあ、とも思い
郡上以外に草木染めで
真綿紬を使った手織りの着物って
どんなものがあるのか調べてみました。

そこで見つけたのが三代目清次さんです。
残念な事にこの方はもう廃業されているらしいのです。

手で紡いだ真綿糸を使い、
染料になる草を取ってきて糸を染め
織って反物を作っていた人です。
すごく手のかかる作業で、丁寧な仕事をしているのに
比較的安い値段で着物を販売していたので
一部の人たちに人気があったらしい。

この人の紬がなんと、
ヤフオクで「新品仕立て代・胴裏八掛代込み」で
4万円程度で売っているのを発見しました。
え~!こんなに安いの!?

手紡ぎ、手染め、草木染め、手織りなのです。
正直、考えられない程安いと思って即買いしました。
お仕立ては海外仕立てでしたが
あまりに安いので文句は言いません。
・・・と言いながら、仕立て前に沢山注文は付けましたが。

私が欲しかった郡上紬のイメージとは違い、
柔らかな淡い色の優しい風合いの紬。
これはこれで、綺麗で素敵!

・・・と言うことで私は郡上紬を買うはずが
結局、三代目清次さんの紬を買う事になったのでした。


届いてみた感想は、と言うと
糸味は結城や郡上の方が好きでした。
手紡ぎ糸の凸凹があまりないのです。
結城の糸って本当にすごいのだと言うことが
いろんな紬を見てみるとわかります。
清次さんの紬は
経糸はかなり凸凹があるので真綿だろうと思うのですが
緯糸はあまり凹凸が無く
正直本物の真綿糸なのかどうか疑問を持ちましたが、
50倍ルーペで良く見るとやはり真綿のように見えます。
ひょっとしたら生糸に真綿を絡ませたものなのかな?
何せプロじゃないので良くわかりません。
それか、手紡ぎの糸ではなく
手引きなのかなあ?

でも布に上品な艶があって良い感じです。
手触りも良いです。
そしてなによりも色が綺麗なのです。
さすが草木染。
自分が持っていないタイプの色で
クルミや月見草で染めた淡い茶系に
茜で染めた糸が上手い具合に入っています。
お店の方が選んだ赤茶の八掛がとても良くあっています。
ぱっと見、自分には可愛すぎるかな?と思いましたが
草木染って赤系でも派手にならないのですね。
地味目のオールドバティックの帯がよく似合いそう。
早速いろんな組み合わせを考えて楽しんでいます。


真綿糸の良い着物って探すと結構有るんですね。
今後、草木染めや真綿にはまりそうです。
多分、今だからこんなに安く買えるのでしょうね。
今ネットに出ている、いかにも「呉服屋さんが店をたたんだので安く出しています」と言う商品は
今後必ず無くなってしまうでしょうから。
今ならまだ探せば、ネットやリサイクルショップに色々と出ています。

まあ、そんなに買っても
着物を着る機会があまりないんだから
無駄なような気もするけれど・・・。

でも、こう言う真面目に一生懸命作られた
普段着の着物って良いものだな、と思います。
結城は「重要文化財」に指定されていて
やっぱり凄いけれど高額だし
リサイクルでも庶民には高嶺の花。
だけど、清次さんの紬みたいなものは
普段からラフに沢山着て楽しめるような感じで
これはこれでとっても良いと思うのです。



返品にはちょっとドキドキしましたが
最終的に良いお買い物が出来たと思います。

でもそろそろ・・・
着物の置き場所に困るようになってきました・・・。
置き場を考えないとなあ・・・。
着ない物は
そのうち思い切って処分する事になるでしょう。
ああ、処分って苦手!

今持っている着物の中で
娘が着てくれるものは何枚くらいあるんだろうか。
もう自分では着きれないくらい買い込んでいます。

サクラ













この2年後、本物の郡上紬を買いました。
この返品した紬は、多分郡上ではなかったと思います。
返品して良かった〜。
スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。