スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初の着物 小紋

私は着物が好きです。

着物を着てみたいと思うようになったのは
夫と一緒にリサイクルショップや骨董市に
行くようになってからです。
結婚したばかりの頃、
夫は仕事に使えそうな
小さな手染めの江戸小紋の端切れなんかを
骨董市でよく買っていて
私も一緒にお店を回っていました。

最初のうちは私も着物の柄に魅せられて
数千円の地味目の銘仙や
お召しや紬をスカートに直して楽しんでいました。

そのうち、着物として着られるレベルの物にも目がいくようになったのです。
当然のことですが、材料としてタダ同然で売られている物よりも
着物として着られる物やそれなりの価格で売られている物は
布として力を持っていて、魅力がありました。

私は骨董市で着物に出会うまで、着物って言うのは超高級品で
一枚数十万なんて言うのは当たり前であって
一部のお金持ちが着る物だと思っていたのです。
骨董市で着物を見つけて
なんだ、私でも買えるんじゃないの、と思いました。
そして綺麗な着物を着てみたくなりました。
実は一番最初に着てみたいと思ったのは
本当に綺麗な友禅染の訪問着でした。

秋の草花柄の綺麗な淡いクリーム色の訪問着を
リサイクルショップで見つけたのを思い出します。
8万円でした。
でも買わなかったのは身幅が妙に狭かったから。
今思うと、そんな物を買わないで本当によかった。(笑)
そんなの、絶対着ないもの!

そして、いろいろ本を読んだり、
着物って実はいろんな種類があるんだと
少しずつ分かり始めながら
リサイクルショップを回ってみると
今度は、自分ぴったりのサイズというのが、なかなか売っていなくて
結局身長165センチの体格の良い私は
激安着物を簡単に入手することが出来ないことが分かったのです。

それでも、着物って欲しいと思うと
とにかく何か欲しくなるもので(笑)
これは着物にはまり始めた人は多分
みんな経験しているんじゃないかと思います。
それで高額な着物を、
うっかり入った呉服屋さんなんかで買っちゃったりするんですよね。

着物を最初に買うにあたって
冷静に一つずつ必要な物だけそろえられる人って言うのは
誰かに買ってもらっているために自由に選べない人か、
着物に詳しい人が身近にいて
アドバイスをもらえる人だけだと思います。

私が最初に「着物として着られるもの」を手に入れたのは
黒地の小紋でした。
日本橋の「たんすや」さんで購入しました。

たんすや小紋

仕立て上がりで3万円位だったかな?
未使用品でした。
小さな白抜きのつぶつぶの中に
小花が一輪づつ、いろんな色で入っています。
生地はさらっとした感じで
縮緬ではなく紬でもない。
これ、なんて言う生地なんだろう。
羽二重の分厚いの?イヤ違う。
なんだかわからないけれど気に入ったのです。
お店の人は何故か違う着物をしきりに進めたのだけれど
この時はどうしてもこれが欲しかった。

この日はきっと着物を買おうと思って
カードを握りしめて日本橋へお買い物に行ったのです。
これを手に入れたときは本当に嬉しかった。
売ってくれた店員さんのことまで良く覚えています。
この時、帯は買わなかったのだけれど、
こんな帯が合いますよ、と丁寧に教えてくれました。

今思うと、最初の着物として
この小紋は自分にとって、とても良かったと思います。
帯も小物も合わせやすかったし、
派手でもなく、地味でもなく、季節も選ばない。
当時良く着ていました。
通りすがりのおばさんが「素敵よ!」と言ってくれた事がとっても嬉しかったり。
仕立て上がりだったので
裄が微妙に自分サイズと違っていて
自分で直したりしました。

着物は最初から高額なものは買わない方が良いと私は思います。
勿論何を買っても問題のない経済力のある人は別です。
経済力のある人は、好きな物を好きなだけ買って楽しむべきです。
それで日本の経済に貢献できるのだから、
自由にお金を使うべきです。

でも大抵の人は物を買うときには予算があって
それを超える物を買うときにはきちんとした計画が必要です。
欲しいから買っちゃった、を繰り返すと
自分だけでなく周りの人にも迷惑をかける事になります。

着物は、はまってしまうと
どんどん、良いものへ、良いものへと目がいってしまいます。
最初から長く着ることが出来るものを
見つけられるラッキーな人なんて
そうはいないんじゃないでしょうか。
たいていの場合、最初の一枚というのは
「着潰す」まで着ることはないんじゃないかと思うのです。

「自分にとっての良いもの」を買うためにはお金と知識が必要です。
それを「貯めてから」でないと
高額な着物は買わない方が良いと思います。

一時、着物初心者には無地紬が良いと
着物雑誌に出ているのをよく見かけました。
でも、無地紬って難しいと思うのは私だけでしょうか。
無地紬の良いものは高額です。
安い無地紬は布地が硬いものが多く、体に添わないのです。
安い価格の中から良いものを見つけられるのは
目利きの人と、運が良い人だけです。
しかも着慣れない人が無地を格好良く着こなすのは本当に難しい。
なぜなら、模様がないので
着付けが下手だと皺が目立ちやすくて大変なのです。
更に汚れやシミも目立つ。
しかも、帯も目立つので
相当良い帯を持ってこないと、仲居さんみたいになってしまいます。
更に相当良い帯って言うのがまた高額で…。
確かに組み合わせに成功すると
とっても現代的で、格好良くなるんだけれど。
あまり重たい物でなければ
箔糸を使った帯もあわせられるしね。

無地紬は着物に着慣れた人向けの物だと私は思います。
実際私は憧れはあるものの、一枚も持っていません。
欲しいと思うこともあるのだけれど。
でも、難しい…、と思うのは私だけでしょうか。

紬と違い、小紋は染なのでいろんな模様があって
自分が普段着ているような洋服に似た柄だって売っています。
しかも価格が安くて、生地の善し悪しも
ぱっと見ではわかりにくい。


最近、初めて買ったこの小紋をあまり着なくなりました。
それでも、自分にとっては思い入れのある着物です。
この着物に合わせて
羽織を作り、ショール、帯と
一つ一つ選んで買いました。

気がつけば9年前のことです。

この9年の間に着物の流行も、値段も随分変わりました。
7マルキや9マルキのシンプルな柄の大島紬は
数万円どころか、運が良いと数千円で買えるようになっているし、
久米島紬なんかも、当時は琉球の織物が流行っていて
安くても10万円以上だったのに
今ではヤフオクで4万円台で売っているのを見つけられます。(それでも売れていない)
結城もヤフオクでは安くなりましたよね。
でも逆に亀甲の細かい物をリサイクルでは滅多に見つけられなくなりました…。
今後、増々簡単には買えなくなるんだろうなあ。

この、初めて買った小紋は
大島紬の緑色の染め帯を合わせて良く着ました。

懐かしい想い出の一枚です。

いつの間にか紬ばっかり着るようになってしまって
この小紋から遠のいていましたが
次のシーズンにはきっと着ようと思います。









スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。