スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外壁サイディングの欠点

家を新しく建てる予定なのですが
それと一緒に今住んでいる家の外壁と
屋根の塗装を考えていました。

何件かの工務店に見積もってもらったら
かなり高額で頭を抱えました。

そこで、夫の知り合いに屋根屋さんがいるので
外壁と屋根を診てもらうことになったのです。

見てもらったら
屋根はまだ10年しか経っていないというのに
ひび割れているとのこと。
建築当時の資料を見ると
屋根の材質は「カラーベストコロニアル(スレート)」というものでした。
でも10年で駄目になるのは早い!
そういえば我が家は南向きで
道の突き当りに建っています。
そのせいで、風が強く当たるため
春一番では家が揺れるくらいなのです。
いつも強風を受けてきたせいで
屋根材が劣化したのでしょうか。

屋根屋さんは
塗り直しをしても、屋根材が割れていては
どうせまた10年経った頃に、屋根を葺き替えなくてはいけなくなるから
それならば、今「カバー工法」と言うやり方で
屋根の修理をしたほうが良いと言います。

今の家を建築した当時は
とにかく予算を抑えたくて
外壁はサイディング、
屋根はスレートにしてしまいましたが
この選択が間違っていた事に気が付きました。

我が家のような選択をすると
屋根の塗り替えが必ず必要になります。
そして、サイディング自体は
20年位は普通に持つのですが
「コーキング」というところが必ず劣化してしまうため
10年に一度は必ずコーキングを打ち直さないといけないのです。
このコーキングの打ち直しというのは非常に厄介で
下手くそな業者に頼むと
10年どころか4、5年で割れてくるそうです。
打ち直しにはどうしても足場が必要なため
おそらく修繕費用が50万を下回ることはないと思われます。

足場 プラス コーキング打ち直し費用 プラス 屋根を直す費用。
これでなんと我が家の場合は140万くらいでした。

外壁の塗装は今回は見送りました。
なぜなら、どうせまた10年後に
コーキングの打ち直しをしないといけないわけで
その時に塗り直せばいいや、と思ったからです。
10年なんて本当にあっという間ですから。

ここで一つ疑問を持ちました。
今、建築で外壁にサイディングを使うのは
普通のことになっていますよね?
でも、みんな知っているのでしょうか?
10年後にコーキングがひび割れて
打ち直しが必要だって事を。
ちゃんと説明を受けているのでしょうか。
私は知りませんでしたよ!
まさかこんなに修理費用が高額だったとは!

サイディングを使うつもりの皆さん、気をつけてください。
10年も経たないうちに
コーキングの劣化は始まるのです。
そして、そこから雨が進入するのです。
だからコーキングは必ず直さなければなりません。

この時必ず業者はこう言います。
「どうせ足場を組むのなら、塗装も一緒にどうですか?
もったいないですよ。」

そうして、いつの間にか費用はかさみ…。
新築10年後、全塗装だと100万円、
コーキング打ち直しだけでも50万円の出費があることを
よーく覚えておいてください!

ほんと、外壁は
サイディングにするべきではなかったと
後悔しています。
まだモルタルのほうが良かったんじゃないかと思ったのですが
そうでもないらしい。
モルタルはひび割れが必ず出るそうで
結局、塗装を定期的にしないとダメだそうです。

今回屋根の修理をしてくれる人が
木造建築の外壁には
「パワーボード」というのが良いと言っていました。
ただ、今の建築の流行ではないため
最近使っているのをあまり見かけないですよね。
しかもデザイン的にはイマイチな感じもします。

今、新しく建てようと思っている家は
外壁を全てガルバリウムにする予定です。
基本的にコーキングは使わないらしい。
良かった。


屋根材のことを調べていると
昔ながらの瓦屋根が、いかに優れているか
気がつきます。
欠点は地震に弱いこと。
重いから、どうしても家が揺れてしまう。
しかも、価格が高価。

外壁はレンガやタイルが一番良いというのも聞きます。
が、これも高価。
それに地震などでどうしてもひび割れが出ることがあります。
その時の補修が大変なのだそうです。
でも、賢い子豚さんはレンガの家を建てるので
やっぱり、良い材料の一つなんだろうと思います。

ガルバリウムの外壁を使った家は
今の建築の流行の一つだそうです。
10年くらい前から?もっと前かな?
よく見かける様になりました。

今我が家の近所にも何件か建っています。
我が家の近所には「岡庭工務店」さんというところがあって
ここで、ガルバリウムを使っているので
「ああ、ここは岡庭さんが建てたんだな」
というのが一目見て分かります。
今回私は、ここの工務店さんから
見積もりを取りませんでしたが
近所で評判の良い工務店の一つです。


ガルバリウムを使った建築は
そろそろこなれてきたのではないかと思う一方
住んでみたらわかる欠点もあるのかもしれません。
でも、サイディングよりは良い、と思っています。
だってサイディングは
10年後絶対に修理が必要になるんだもの。

うちはまだ築10年ですが
それでも、色々と手を入れる必要があるのです。
そういった作業はどうしても何年かに一度発生します。
そして結構な金額が必要です。

メンテナンス費用をよ〜く考えた上で
屋根材、外壁材は選ばないとダメなのです。



ところでQQ。
育っちゃいました。
もうすぐ5ヶ月です。

DSC_0200.jpg

今日もまた、困った顔です。






スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。