スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家を建てる

2011年の5月。
数年前の話ですが、土地買いました。

お隣さんが土地を売ることになったので
そこを買ったのです。

隣の土地は倍出しても買えといいます。
もちろん「とりあえず買った」のではなく
必要だから買ったのですが。

なぜなら、我が家は夫婦そろって自営業。
なかなか子供も出来なかったので
今の家は、子供がいないことを前提に
設計してあるのです。

40近くになって2人の子供を授かった私たちの家は
子供が大きくなってきて
激しいストレスを感じるほど、狭く感じるようになりました。

どうしよう・・・。
すでに今の敷地には
いっぱいいっぱいに家が建ててある。
増築は無理…。
と、思っていたら売り出されているお隣の土地。

思わず、「買います!買います!」状態。
ところが、価格は高い!
お隣さんはうちと同じ程度の土地面積なのですが
東南角地なのです。
所謂表示価格の30%増しです。

しかも売り出し直後に「買います!買います!」状態で夫婦で群がったため
全く価格を下げてくれる気配なし。

買います、といったものの
お金どうするの?
その後、もう一度よーく考えて、
今のスペースではあまりにも狭いので
思い切って買う事に。

もちろん、すぐに家を建てることは出来なかったので
何年か頑張ってお金を貯めて
子供達の勉強部屋を作ることにしたのです。

それからはや4年…。
未だ資金のメドは立っていなかったのに
問題発生。

固定資産税が跳ね上がったのです。
そう、家を建てないで土地を持っていると
こうなるのです…。
それはもう、目が飛び出るくらい高額になって
家計を逼迫するようになりました。

なんとか必死で建築に必要な費用を捻出して
家を建てることにしました。
でも、贅沢な家は建てられない。

なんせ土地代が高かったし、
これから子どもたちに必要な養育費、
老後の資金…。
ああ、頭が痛い。
でも、もう、いろんな意味で限界だ。
家は狭すぎるし、絶対今年は家を建てるぞ!

思いついたら行動開始。
早速近所の工務店を回ってみることにしました。

実は2年?3年前かな?消費税が上る前に一度
近所で評判の良い工務店さんに
見積もりを出してもらったことがあります。
この時は増築ではなく
思い切って新築にして
新しい家に家族で住もうと考えていました。
なぜなら、今の家は東北の地震があった時に
大揺れに揺れて
本当に怖かったからです。
だから、もうちょっと地震に強い家がほしい。

東北の地震や、様々な社会問題が
今の住宅を強くしています。
10年前とは家の工法も変わっているのです。
諸々の理由で
建築費用はとても高くなっています。

そして、その評判の良い工務店の見積は
とっても高かった。
評判の良い工務店は、当然ですが安くはないのです。
安売りする必要がないのですから。

そこで私達の計画は一度頓挫しました。
そして新築は無理、
増築にしようと考えたのです。


そして今日に至りました。

今回は予算をおさえ
前回と違う工務店さん2件に
見積もりを出してもらいました。

一件は元々材木屋さんだったと言う工務店さんで
とにかく素敵な家を立ててくれそうでした。

ここで気がついたのですが
何故か工務店さんは、「増築」を嫌います。
そして、増築は非常に費用がかさみます。
少ない費用で手間もかかるからなのでしょうか。
もうちょっと頑張れば一戸建てが建てられる、というような
金額で見積りを出してきました。

この工務店が建築した家の写真を見せてもらったところ
ウットリするような無垢の木の家。
でもやっぱり見積金額は高い。
仕方ないよね。
国産無垢材ばっかり使って
建具も大工仕事で出来ている。
そりゃ高くなるよね。
でも、この工務店にはローコストで建てられる
新築一戸建てプランもあるらしく、
そっちを進められました。


次は近所の小さな工務店に行ってみました。
家族経営で大工さんを雇っているような
本当に小さな工務店さんです。
ここは、最初の見積がびっくりするくらい安く、
「よし、ここでお願いしよう!」とほぼ決定。

が、しかし…。
なんと2回めの見積で価格が1.5倍になりました。
しかも細かい仕様の見積もりはなく、
見積もなかなか出してくれない。
ちょっとした仕様の変更をしただけで
3週間たってやっと連絡が来る、という感じ。
更に、正直センスが無い。
その上、輸入材や無垢のドアを取り寄せて欲しいと言うと
多額の手数料を要求してきます。

何度か打ち合わせを重ねるうち
不安になり
打ち合わせが、つまらなくなってきました。
まだ契約していなかったので
違うところを探した方がいいかも、と
ネット検索。


そこでとても感じの良い工務店を見つけました。
ホームページがあって、そこに何軒も
彼らが建てた家とその建築価格が掲示されています。
それがおどろくほど安い!
「近所の小さな工務店」の増築費用と同じくらいの価格で
一戸建てが立っています!

更に凄くセンスも良くて
まるで「建築家が設計したような」家なのです。

私達は以前から「建築家が設計した家」に憧れていました。
でも建築家に頼むと当然デザイン料がかさみます。
これは当然の事なのですが、
でも、私達にはデザイン料を払うほどの予算がないのです。

ただ、今回工務店を選ぶにあたり
気がついたのですが
評判がよく、お客さんがちゃんと付いている工務店さんは
絶対センスの良い家を立てています。
デザインセンスのある設計士を雇っているのでしょうね。

こういう工務店を上手く見つければ
建築家に頼まなくても
センスの良い家は建てられます。
その工務店さんによって
傾向やパターンが決まっているので
あっちこっちの工務店を訪ねて
自分の好きなタイプの工務店を探せばいいのです。


今、見積もりをお願いしている工務店さんは
私たち夫婦と同世代の社長さんが経営しているところで
考え方がちょっと自分たちと似ているのかも?と
思うところがありました。
私達にとって、とても信用できる人たちでした。

例えば、気に入った洗面台があれば
「買ってくればそれを付けてあげますよ」って言ってくれたり。
これは前回の「近所の小さな工務店」と決定的に違う点です。

見積の価格についても丁寧に説明してくれます。
「このメーカーで頼むと安く入れられます。
いつもこのメーカーで、まとめて発注しているし、
ここは割引率がとても高いのです。
他のメーカだとちょっと割高です。」というような感じです。

つまり、それなりの数の仕事を請け負って建築数をこなし
同じ部材を沢山発注して
家の単価を下げているのです。
デザインも、基本的に似たようなパターンで
一から何もかも新しくデザインするのではないようで
今までのパターンを使って
デザインと見積をするのだと思います。

だから、人件費も材料費も
削ることができるではないかと思いました。
社長さん、賢い!


こうしてやっと、
私は良い工務店を見つけられたのです。

建築に使える最高予算を提示して
その中で建てられる設計を依頼しました。
どんな家を考えてくれるかな。
小さな家になるでしょうが、
かなりローコストで建てられるので
一応2階建ての一戸建てにするつもりです。


喜びながら、あ、そうだと思い出しました。

近所の小さな工務店さんに
断りを入れなりません。

ここでは本当に家を建てるつもりで相談していたので
何回もお時間をいただきました。
だから断るにあたり心が痛みます。
5、6回打ち合わせをしたかな。
でも仕方ありません。
対応もセンスも見積価格も
納得がいかなかったのです。

おそらくここの工務店さんは
ちょっとした家の直しなんかを多く手がけていて
普通に一戸建てを建てることは
そんなに多くはないのだと思います。
だから、価格も抑えられないし
センスも磨かれていない。

しかも、私のような相見積もりを取る客に
見積もりを何度か出させられて
挙句の果てに断られるのです。
この人件費を、どこに上乗せするのかというと
次のお客さんなわけです。
これでは、価格も下げられないよね…。
すみません…。

なんて言って断ろうかと悩みました。
結局「見積金額がどうしても自分たちの予算と合わなかったのです。すみません。」
「他の工務店さんにお願いすることにしました。ごめんなさい。」
と伝えました。
電話する前はドキドキ。
彼女は怒るかしら。
傷つくかしら。
とにかく謝らなくちゃ、って感じ。

でも断ったら
案外カラッとしていました。
断られるのに慣れているのか、
「そう言うと思ったよ」という感じでした。

…ひょっとしたら、彼女は私たちのことを
「この人達は面倒なことばっかり言うし
センスも合わない。
だから一緒に仕事をしたくない。」
と思っていて
それで2回めの見積金額がいきなりハネ上がったのかな。
そうじゃなかったら
ちょっとした仕様の変更で
3週間も見積もり出さないなんて、ないよなあ。
しかもいきなり1,5倍の金額には出来ないよなあ。
と、考えてしまいました。

でも、断って
やっとホッと出来ました。
断るのって結構辛い。
でも一件の家を建てるのに
妥協してはいけません。


でも!ああ!
なんだか、これでやっと
大きな夢の一つが叶うような気がします。
自分の仕事場をロフトじゃなくって
(ロフトは暗くて夏は暑い!)
ちゃんとした日当たりの良い場所に
作ることが出来るんです~!!

実は20代からの夢です。

嬉しいなあ。(シミジミ)
こういう夢を自分の力で叶えることが出来るって
本当に幸せだな。

いや、まだ達成はしていないのだけれど。

でも本当に楽しみなのです。
早く家が出来ないかな。








スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。