スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の歌舞伎

先日新宿に行った際、
歌舞伎のチケットが激安で手に入ったので
芸術祭十月花形歌舞伎に行ってきました。

今回は2階席最後列正面で
とても良い席でした。
舞台全体が見えるし
花道も半分くらいまでは見えます。
しかも後に席がないので人に気を遣わないで済みます。
前の人の頭もまず邪魔になりません。
一階席の時よりもずっと良かったです。

歌舞伎に行くときは
このお話はどんな内容か、なんて下調べもしませんし
出演者の名前も基本的にほとんどわかりません。
歌舞伎の見方なんて本がありますが
そんなの読まなくても楽しめる要素が沢山あると思います。

今回の歌舞伎は演目が3つあったのですが
最初の「義賢最後」と終いの「江戸っ子繁盛記」が面白かったです。
「京人形」は左甚五郎がクネクネしていて少し気持ち悪かった。

義賢最後は
主役のおじさんが体張ってる感じで
失敗したらかなり危険そうな立ち廻りををやっていて
見応えがありました。

江戸っ子繁盛記は現代劇っぽくて正直期待していなかったのですが
誰が見てもわかりやすい納得できるお話しで
これも面白かったです。
こう言うありきたりで良くあるお話しって
つまらないようで
実は見終わった後に満足感があると言うんでしょうか、
そんな気持を感じました。


又安いチケットが買えたら
見に行こうと思います。








スポンサーサイト
プロフィール

きもとももこ

Author:きもとももこ
自然の多い西東京で
絵本を作りながら暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。